plant_img



  工場舗装のポイント





どのような車(大型、リフト、荷重など)が入るかを設計条件に加えることにより
  無駄を省きコストを抑えることができます。
  大型と自家用車が入る場所を別の構造にすることや、大きな荷重がかかる場所ではたわみを抑える など。

工場の作業に影響しないように工事期間(土日作業など)を調整させていただきます。

工場敷地への出入口では、歩道の入口幅の拡張や側溝の変更(耐荷重)が必要になります。

道路には、国、県、市などの管理者がいます。それぞれの舗装の規格に合わせた設計施工と、
  その管理者に合わせた申請が必要になります。

工事の際には警察への届け出も必要になります。これら多くの手間は当社が行います。

農地との境界部ではトラブルも多くあります。境界をしっかり確認し、丁寧に仕事を進めます。

舗装面の破損(穴、ひび割れ、水たまり、陥没)の際には、早急に対応します。

工場への不審者の侵入や放火、従業員の車の盗難などの防犯対策として、
  照明設備の設計や狙われやすい視覚への対策、セキュリティシステムなども一緒に行います。

pagetop_btn