愛知県常滑市多屋町 りんくうIC その2

最後の表層です。距離はありますが、マンホールや橋のジョイントもなく平面が続きます。排水溝の方はセンサーを、もう片方は壁でしたのでラインリーダー使用して作業を行いました。1度セットをしてしまえば、手間がかからないので長い距離も無事に施工することができました。
1920be2eb3dc65ab17be57eb5c09053f
3411d9a4e4785222e8c54912211ebfd3